ジョイタパス 5年目の発進!

我が道 コンセプトが確定しました。

我が友、バルセロナ近郊ペネデスの地で5代にわたりCAVA(発泡白ワイン)を作り続けてきた醸造家 JOSEP MARIA FERRET GUASCHの作品を、日本中に広めていくことを生涯の楽しみにしていくことにしました。
家族と営む小さなワイナリーとのコラボレーションが、我が人生を豊かにし喜びと楽しみの継続に繋げていきたいと考えております。

芳醇なワインにはタパスが欠かせません。時に生ハムであり、季節の美味しい野菜や果実、そしてワクワクするような肉料理。
牛・豚・鶏だけにとどまらず、仔牛・仔豚・仔羊・馬・鹿・猪・鴨・駝鳥・ワニ・カンガルーなどなど。
ヨーロッパや国内の生産者・商社とのコミュニケーションで豊かな食のシーンを演出する、
そう私は食の演出家でありたい。
そして自ら調理への理解を深め新たなメニューのヒントを提案し続けてまいりたいと考えております。
これが我が『ジョイタパス』のコンセプトです。

5年目 masmas 「好きなことだけして生きる」

やりたいことをすると、自分も周りも幸せになる!を実践してまいります。

5年目新たな挑戦!

☆埼玉県産駝鳥肉 ☆アイスランドラム ☆スペインセゴビア産仔豚 ☆おきなわ紅豚 紅あぐ~豚
☆マイクロ野菜 ☆国産パプリカ ☆完熟いちご(12月~4月)

☆☆『jmfg』とジョイタパス厳選素材を楽しむ『タパス&アミーゴ』不定期開催!

イメージ

イメージ

2017年6月21日

食肉・食肉加工品業界歴38年。スペイン食材13年
ジョイタパス代表 <喜楽食人> 大林 旭

「jmfg」CAVAが飲めるお店一覧(敬称略)

東京吉祥寺:ドスガトス 高森オーナー
横浜松原商店街:焼鳥ムック 井上オーナー
東京裏渋谷イベリコ屋 竹内オーナー
東京三田:カサデマチャ 瀧本オーナー
東京西麻布:フェルミンチョ 作元オーナー
東京杉並:anocado 川口オーナー
東京大森:CataCata 矢部オーナー
埼玉大宮:BAR DE ESPANA CERO 猪瀬オーナー
群馬太田:フィッシュBAR 基 宮原店長
横浜野毛:都橋ミルピグ(ワインBAR) 佐々木店主
神戸山手通り:ESTELA 大槻オーナー

「jmfg」CAVAが買えるお店一覧

埼玉:関東食糧(株)フード・プロ
埼玉:関東食糧(株)大宮市場店
埼玉:リカーショップ沢屋

お知らせ

2017年12月1日(金) |
出展します!
2017年12月1日(金) |
産直フルーツ2品始めます。
2017年8月30日(水) |
9月の予定
2017年7月5日(水) |
7月はお祭り月間 皆様のお越しをお待ちしております。
2017年6月19日(月) |
「工藤農園」さんの「富良野メロン」のご案内

お知らせ一覧

スペイン料理界のみならず、目利きが使用する本物の味

イメージ写真

埼玉:パレスホテル大宮 毛塚シェフ(司厨士協会総本部理事)
埼玉:BAR DE ESPANA CERO 猪瀬オーナー
東京:シェリーミュージアム中瀬館長(コルタドール)Sherry著者
東京:anocado 川口シェフ(2017年日本パエリア大会優勝者)
神奈川:都橋ミルピグ佐々木オーナー
茨城:GANCHO後谷シェフ(コルタドール)
群馬:フィッシュBAR 基 宮原店長
大阪:バスク料理アマ・ルール中村シェフ(コルタドール)
熊本:エルカスティーリョ城オーナー(コルタドール日本代表)
横浜:都橋ミルピグ(ワインBAR) 佐々木店主

血統100%の純粋イベリコ豚

イメージ写真

イベリア半島に生息するイベリコ豚は、他には無い独特の特徴を有しています。純粋な種(血統)と類い稀な肥育方法がより良い味わいをもたらします。

カストロ・ゴンザレスでは製品の原料にその血統100%の純粋イベリコ豚を使用します。純粋イベリコ豚は3ヶ月齢になるとスペイン南部の同社放牧場でどんぐりを主体として新鮮な水や、きのこ・香草を食べながら、のびのび肥育されます。十分な期間と増体をした豚だけが『ベジョータ』として生ハムの加工に移ります。塩蔵・乾燥工程を経て長い熟成の期間を過ごします。
通常2年から長くても3年が主流ですが、本商品は4年48ケ月という熟成を
した特に優れたハモンイベリコの最高傑作といえます。

純粋イベリコ豚の生ハムに含まれる脂は非常に香りが良く、独特の芳醇な香りがあります。また、その脂はオリーブオイル(59%を占めるオレイン酸)に含まれるものと良く似ており、血中のコレステロールを正常な値に維持するのに役立つ一価不飽和脂肪酸を多く含んでいます。
(イベリコ豚の詳細は渡邉直人氏の著「イベリコ豚の秘密とスペインの生ハム 文芸社 アマゾンで購入可)をお薦め致します)

百年以上の伝統と経験

イメージ写真

Aurelio Castro & Gonzalez は1910年以来、三世代続く家族経営。
100年余の“継続的”な生産とたゆまぬ改良による高品質な製品の生産は、カストロ・ゴンザレスファミリーの“一家系”経営ならではの賜物です。
繁殖~放牧~製品生産にいたる全ての生産過程を同社が一貫管理しております。このことにより安定した品質管理を可能にし各工程での改良を可能にしています。

同社の製品は、スペイン国内はもとより、欧州各国の美食家に愛されています。最近では中国やブラジルでの消費が急増しているようです。

【イベントのお知らせ】

6月21日(水)19時~ 日本橋コレド 4F ダパウロ様にて開催 18名参加

☆長岡社長のプロフィール

☆当日の料理メニュー

☆参加者へのご挨拶

※下の写真をクリックすると拡大表示されます。

☆次回開催予告

9月20日(水)19時~ 日本橋コレド 4F ダパウロ様にて開催
☆埼玉県ヨーロッパ野菜研究会の野菜メニュー